toggle
2014-11-06

赤羽せんべろツアーその3:脅威の「もつ焼きのわんこそば」かしら屋(赤羽駅)

わんこかしら!?

かしら屋は、埼玉を中心に展開するチェーン店。
「わんこかしらが楽しめる」と聞いて、「わんこかしら??」と思いつつ、訪問。
なんだわんこかしら・・

無限に焼かれ続けるかしらたち

店内はこんな雰囲気。2階にある。

入店したら、ドリンクを聞かれて着席。
焼き台がよく見える席。

大量に置かれたかしら串。
「名物だからいっぱい焼くのか~」と呑気に眺めていたら、

「あいよっ」
とおもむろに置かれるかしら。

そう、この店は着席と同時にかしらを提供されて、
ストップを言うまで半永久的にかしらが出てくる店だった。。

他にもメニューがあるものの、そのかしらの勢いの前では他の串を食べる雰囲気ではない。
ただひたすらかしらを食べ続けるしかないお店。

なんというストイックさ・・

かしら自体はネギが間に挟まれているねぎ間スタイルで、
テーブルの上にある辛味噌と一緒に食べると美味。

不思議と何本でもいけてしまう感覚に・・・
結局、予定以上にかしらを食べてしまった。。

酒場まとめ

オススメ度:★★★☆☆
赤羽でなくてもいいが、どこかで経験したほうがいい店。
かしら好きは、必ず行ったほうが良い。

やっぱりもつ焼きには、ホッピー。

 

関連ランキング:焼き鳥 | 赤羽駅赤羽岩淵駅

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。 世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。