toggle
2016-09-11

大田区ならではの黒湯温泉の銭湯、稲荷湯(石川台)


大田区は黒湯の宝庫

大田区は黒湯温泉が豊富に湧き出し、温泉銭湯として温泉を提供している銭湯も多いです。

今回ご紹介する稲荷湯は、東急池上線の石川台駅から徒歩5,6分ほど。
大田区と言っても、すぐ近くに田園調布もあり、世田谷区からもとても近い場所です。

閑静な住宅街の中にありながらも、今回の稲荷湯も黒湯の温泉が湧き出る天然温泉。
非常に楽しみに訪問してみた。
 

派手さはなく、ほっとする佇まい

コインランドリー併設

石川台駅からは、商店街と通って、右折して少し歩いたところに出てくる。


 

サウナ、水風呂、超音波の看板が印象的。


 

暖簾には「いなり湯」


 

入り口横に熱帯魚が泳いでいて珍しい


 

清潔で、綺麗な浴室

脱衣所、マッサージチェア付き


 

レトロな体重計の横に、デジタル体重計も

その対比が良い。


 

カランは珍しく個室仕様のカランもあり

左右を壁に覆われた個室仕様のカランが10個ほど。
後は壁に沿って配置されていて、そこまで広くはないけど、多くの人が来ても対応できそうなレイアウト。
 

黒湯だけじゃない浴槽

黒湯が湧き出る浴槽は一部で、通常のお湯とジェットバスの浴槽。
サウナ付きであるので、水湯もあったがこの日は珍しく水湯施設の故障で温水プールのような温度の水湯。
それはそれで、気持ちよかったけど。

浴槽の温度としては、通常のお湯が42度くらいで、黒湯のほうは少し低めで40度くらい?
この日はたまたま低かったのかな。
あと、黒湯の浴槽はちょっと深めになっていて、足を横に伸ばさなくても肩までつかれるようになっていた。
面白い。

時間がなくてサウナには入れなかったけど、外からのぞいた感じでは、キレイな床で清潔な見た目だった。
テレビはなかったかな?

シンゴジラに上陸される大田区。
ちゃんとポスターも貼ってありました。


 

銭湯まとめ

オススメ度:★★★☆☆
黒湯が一部ではあったが、さすが多くという泉質。
石川台に行くことがあったら、立ち寄りたい。

稲荷湯

営業時間:15:30−24:00
定休日:水曜
電話番号:03-3729-4526

 

銭湯後酒場

クマの暖簾が印象的なやきとん、たっくん(石川台)
銭湯後は、ここでやきとんを食べてホッピーを飲もう。

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。
世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。