toggle
2014-11-19

大阪遠征その1:ディープすぎる豚足かどや(なんば)

求めていたのはこんなディープさ

所用で大阪へ。
ランチどうしようかとぶらぶらしてたら、めっちゃディープな店を見つけたので、即入店。
これは気になりすぎる外見。

豚足かどや

大阪で有名な酒場というと、串かつかお好み焼きかと思ったけど、豚足とは意外。
こんな外見。確実にディープ。

右側に広がるカウンターと左側にがテーブル席。
テーブル席はおばちゃんたちに占拠されていた。さすが。

入店してすぐに、「豚足?ビール?」と聞かれ、
メニューを見るまでもなくこのセットが届く。
1分以内。牛丼屋かと思った。

とろとろの豚足と、辛子味噌。そこにネギが入ってるし、おかわりネギもあり。
既にどうやって食べたらいいか分からない。
センマイ刺しを追加。

辛子味噌につけて食べればいいのか?ネギも一緒か?
と迷いながら食べる。

プルプルでおいしい。すごく煮こまれている豚足。
そして、わりとボリュームある。
常連は、ちびちびと、ゆっくり食べてる感じ。なるほど。

串物は3本から、ということなので厳選して。
たしか、ココロンという珍しいメニュー。

店に貼り物してあったけど、ご飯とソフトドリンクは持ち込み可能らしい。
それはカオス・・

そして、持ち帰り豚足もやってるらしい。すごいな。

酒場まとめ

オススメ度:★★★☆☆
ディープなとこが好きで、豚足に問題なければオススメ。
夜は常連に占められるそうなので、昼か早めにいくのが良いみたい。

 

関連ランキング:豚料理 | なんば駅(大阪市営)大阪難波駅JR難波駅

 

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。 世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。