toggle
2015-05-03

【鹿児島遠征】2軒目は鶏の名店 大安へ

2軒目は、大安へ

菜々かまどを満喫して、せっかくなので2軒目へ。
かまどを出て、100mほどの角にある、鶏の名店大安へ。

ここも25時までやっているので、深夜でも重宝。

23時くらいに入ったが、お客さんがいっぱい。
カウンターの隅になんとか入れてもらった。

 

23時でも賑わう店内と名物赤鶏もも焼き

店内はカウンター8席ほど、その後ろにテーブル。
また小上がりの座敷もあり、人数がいても対応できそう。

地元の人たちと思われる宴会も開かれていた。

座敷席。

 

カウンターの中から。
カウンターの正面は店員さんとコミュニケーション取れそう。

 

 

2軒目でも焼酎。
白金乃露 黒がお店のスタンダードの模様。

 

メニューはこちら。

赤鶏もも焼き、赤鶏刺し、鶏皮サラダがおすすめの三品とのこと。

 

他にも一品料理が充実。

いい居酒屋だ。

 

2軒目で軽めにしようということで、まずは赤鶏もも焼きを注文。
すると、予想よりも大量のもも焼きが。

炭火で炙り、良い感じの外見に。
外見だけでなく、炭火の香りが香ばしく、非常に美味しい。

プリプリの食感。
あまりお腹が空いていないはずなのに、なぜかぐいぐい行ける。

この店では、ボンタン角ハイボールとタンカン角ハイボールという珍しいハイボールも。

柑橘系とハイボールの相性は良い。
さっぱりして、ぐいぐい行ける感じ。

鳥刺しも行きたかったが、時間がなくなったのと、もも焼きが予想より多かったので断念。
次回は鳥刺しをまず頼みたいところ。

 

酒場まとめ

オススメ度:★★★★☆
オススメ三品はマストで頼んだほうが良さげ。

関連ランキング:居酒屋 | 高見馬場駅市立病院前駅天文館通駅

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。 世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。