toggle
2014-12-11

【京都遠征】古都が誇る名銭湯に入浴


京都でも銭湯

せっかくなので、京都でも入浴。
京都の銭湯事情を調べようとおもったら、京都の銭湯という便利なサイトがあった。

ちゃんと情報まとめられていて、便利。
というわけで、このサイトで最寄りの銭湯を調べて繰り出した。

京都の中心の銭湯

京都市役所駅から2,3分の距離にある銭湯、玉の湯。
営業時間が24時までと記載あり、23時30分近くにもうダメかもと思って駆け込んだものの、まったく大丈夫だった。
京都はおおらかだ。

暗い夜道にあらわれる銭湯。ほっとする。

 

玉の湯。
のれんが男湯と女湯にわかれているのが特徴的。

 

サウナもあるし、アワ風呂もある。
ネオン、ってなんだろう。謎だ。

 

両横に靴箱もあったんだけど、みんなその場に置いていくスタイル。
いろいろとおおらかだ。

 

既にクリスマススタイル。
それにしても430円で、サウナ料金込みなのは凄い。
サウナ使ってもいいものかドキマギしてしまった。

入ってすぐに脱衣場。
腰にタオルを巻いたおじさんが延々と電話していたのが印象的。

薬湯、普通のお湯×2(違いが分からなかった)とサウナと水風呂。
オーソドックスなスタイルだけど、どこか伝統も感じさせる。
そんな入浴だった。

銭湯まとめ

オススメ度:★★★★☆
サウナ込みで430円は圧巻。
古都散策の前に一風呂いきたい。

施設
サウナ ◯
水風呂 ◯
駐車場 ☓

風呂あがり酒場

行くことはできなかったけど、近くに古民家を改装した素敵なスペイン料理屋が。
素敵な雰囲気だったので、次回は行きたいところ。

 

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。
世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。


タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。