toggle
2014-12-11

【京都遠征】木屋町で遅いときに重宝する居酒屋嘉門

木屋町の夜

前日に夜遅くなった時には王将に行ったが、
2日連続で王将というのは味気ないということで、京都らしいお店を探して歩くことに。

が、木屋町あたりをてくてく歩くも、
チェーン系の居酒屋か、ラーメン屋みたいなところしか空いていない。

困ったなぁと思った時に見つけたお店が嘉門。
なかなかの居酒屋だった。

冬の木屋町は夜の景色が綺麗

 

一見すると見落としてしまいそうな外見。

 

中に入ると焼酎がいっぱい。
京都のお店だけど、焼酎を重視しているそう。

 

料理は鳥漁師中心

焼き鳥が中心メニューのようだが、刺身もあったり、いろいろあった。

 

寒ブリの焼き霜造り。絶品。

 

あん肝と日本酒。やはり日本酒が欲しくなる。

 

焼き鳥の塩。ぷりぷり。

 

京都の地酒、巌。スッキリ。

 

焼酎は前割焼酎あるみたい。いいね。

大将に話を聞くと、いつの間にか周りのお店が変わっていき、この界隈で長くやっている珍しい店になったとのこと。
深夜までやっているのはありがたい。

 

酒場まとめ

オススメ度:★★★☆☆
木屋町で遅めになった時には。
次回は日本酒も楽しみたい。

 

関連ランキング:炭火焼き | 三条駅三条京阪駅京都市役所前駅

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。 世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。