toggle
2015-06-14

デザイナーズ銭湯に生まれ変わったオシャレなふくの湯(千駄木)

文京区の趣あふれる銭湯

昭和47年に開業し、平成23年にリニューアルしたという千駄木のふくの湯。

最近、キュレーションメディアのが流行していることもあり、定期的に都内の銭湯まとめが作られているけど、その際に確実に入ってくる銭湯。

今までも足を運びたかったけど、ちょっと遠いので遠慮していた銭湯。
時間が空いたので、行ってみた。

場所的には南北線の本駒込が最寄り駅かな。
どこの駅からもちょっと歩く印象。
 

とにかくオシャレな外観

近づいていくと急にあらわれるオシャレな外観。
伝統的な日本の建物のようにみえる。

ステキな外観

うーん、素敵。

案内板。

毎日11時からやっているそう、週末は朝湯もやっているのは好印象。

1階部分はコインランドリー。


 
銭湯の脇。
多くの自転車が止まっていた。


 

暖簾がオシャレ。

素敵なロゴになっている。

 
 

下駄箱

昔のものをそのまま使っているのかな?
古い雰囲気あるものだった。


 

銭湯は、週替りで薬湯と人工ラドン温泉

男湯と女湯を週替りで入れ替えるそう。
この日は、薬湯。

薬湯のほうは、通常の浴槽にジェットバスが2つ。
そして、おもしろい特徴として、五右衛門風呂のような壺があって、1人で独占できる浴槽があった。

1人で独占できるっておもしろいね。

サウナもなく、施設も充実しているわけではないけど、内装にこだわりあって、映画のセットのような雰囲気。
外国人の旅行者には良さそう、と思った。

内装写真

ちょっと伝わりづらいけど、面白い内装。
ふくの湯HPより

内装が独特なので、ぜひ一度訪問してもらいたい銭湯。

シャンプーとリンスが中にあって無料で使える。
100円でレンタルバスタオルもあるので、手ぶらでいけるのはいいね。

流行りの谷根千歩きからの汗流しに良いかも。
 

銭湯まとめ

オススメ度:★★★★☆
銭湯の設備というより、オシャレな内装が好きな方にはオススメ。
外国からの旅行の場合には特に行ってもらいたい情緒あります。

ふくの湯

営業時間:11~24時(平日)、8〜24時(土日)
定休日:年中無休
03-3823-0371

施設

サウナ ×
水風呂 ×
露天風呂 ×
ジェットバス ◯
駐車場 ×(付属の駐車場は現在は利用不可。近隣コインパーキングあり。ただし、30分300円と高額。20時以降は1時間100円)

 

風呂あがり銭湯

中に入ることはできていないけど、外見からここのお店は良さげだった。
駒伸。食べログに出てこないお店。

  

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。
世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。

関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。