toggle
2014-11-28

下北沢で、幻のもつ焼きを見つけた

幻のもつ焼き 椿

勝手に「幻」扱いしてしまったが、その理由はこの店の営業時間。

平日の17〜21時しか空いていない。
普通に働いている人にはなかなか厳しい時間帯。

そういうわけで、今まで訪問出来なかった店に行けるタイミングがあったので、行ってみた。

場所は下北沢一番倍のどまんなか

一番街を歩いてしばらくすると出てくる、もつ焼き「椿」

昔は、隣に銭湯があった。
今はその建物生かしつつ、古着屋ができている。
ここの風呂あがりだったら最高だっただろうなぁ。

中は特徴的な形をしたカウンター。
1本100円のもつ焼き。それと、煮込みなどが数品ある。

飲み物は、ビール、ワイン、日本酒、焼酎のみ。
瓶ビールはクラシックラガーにこだわりを持っているそう。

珍しいメニューで頼んだ、レバーのオイル漬け。
なんか不思議な食感。

もつ焼き、ハツ。タレが基本みたい。

なんこつ。もつ焼きのなんこつのうまさに最近気づいてきた。

さらにレバー。鮮度良くて、美味しい。

ビールの次は、焼酎。
レモン入りの焼酎をストレートのまま。珍しい、一気にガツンとくる。

さらに、タンも追加。タレが旨い。

 

1本100円と安いので、この内容で、1500円ほどの会計。安い。
大将が怖いと聞いていたけど、そんなことなく、職人気質のいい人だった。

 

酒場まとめ

オススメ度:★★★★☆
なかなか行ける時間帯にやっていないので、
下北沢で早めの飲み会がある際にはさくっと行くのもいいかも。
鮮度が良いモツが楽しめる。

 

関連ランキング:もつ焼き | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅

 

温泉銭湯と大衆酒場を愛する30代で、このBlogの発起人。銭湯→風呂あがりの大衆酒場でのホッピーが最高のルート。 世田谷区、下北沢辺りをホームに西側銭湯を主に開拓中。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。